教育方法

「うちの子は勉強ができない」という方へ

「うちの子は勉強が苦手で、どうしたら成績が良くなりますか?」

という相談、英会話スクールにいた頃よく受けていました。

確かに、レッスンで一回説明しただけで理解できる子と、何回も何回も説明しても全然理解できない子がいます。

彼等の違いは何か、と考えたら割とすぐに気付いてしまったのですが、正直「お母さんそっくり」なのです。

小学生ママ
小学生ママ
  勉強できないのは遺伝でしょって話?
ニコ
ニコ
それは違います。

遺伝的要因よりも、私は生活習慣が大きく関わっていると感じました。

「頭が悪いのは遺伝だから」という言葉に私は疑問を抱きます。様々な家庭がありますので、遺伝というよりも習慣によって親子は似てくるのだと思いました。

子供は親の何を見ている?

レッスンで一回説明しただけで理解できる子の親は、人の話をきちんと聞いてくれます。なので大事な発表会や懇談会は忘れずに来てくれました。

一方、何回も何回も説明しても理解できない子の親は「人の話をしっかり聞いていないな…」という印象を受けました。

なのでお子さんの発表会や懇談会の日付を忘れたり、悪びれもなく同じことを何回も聞いてくる節がありました。

「同じことを何回も聞く」ことは他人の時間を奪うことに等しい行為です。

そのことに親が気付いていないため、子供も同じように集中力がなく話を聞かず、成績が良くないのでは、と思うことがありました。

*発達障がい等の兆候は見られないものとします。

他人の時間の流れを止めることに罪悪感を抱かない親の子も、また同じような価値観に育ちます。

正直に言うと、「勉強しなさい!」という前に、ご自身の性格や習慣を振り返って欲しいのです。

じゃあ自分はどうなの?と自問自答することで、お子さんの未来が開けるかもしれません。

子供は親の背中を見て育ちます。子供は親の言うことを鵜呑みに育ちませんが、育てた通りに育ちます。

・人の話をしっかり聞く親の子は先生やクラスメイトの話をきちんと聞く。

・スケジュール管理ができる親の子は宿題を忘れずにやってくる。

・勉強が習慣な親の子は勉強が習慣になる。

・新しいことに挑戦する親の子は好奇心旺盛で色々なことに積極的だ。

・客観的に物事を捉えることができる親の子は協調性がある。

など。上にあげた例は逆もまた然りです。

・人の話を聞かない親の子は先生の説明を聞かないため理解が遅い。

・スケジュール管理ができない親の子は時間管理ができないため、宿題を忘れる。

・親が勉強をしないため子供も勉強の仕方がわからない。

・新しい技術についていくのが面倒で知識が乏しい親の子は、面倒くさがりでチャレンジ精神が乏しい。

・自分の意見が必ず正しいと主張する親の子も、自分の意見は正しいと曲げないため周囲とのトラブルが多い。

対比するとこのようになります。

もちろん親と子の性格は必ずしも一致しません。

「うちの子は勉強ができない」の理由が少しでも思い当たる節があるようでしたら、今日から見直してみてください。

特に、「親が家で勉強する」というのは効果的です。

結局、教育というのは「~しなさい!」と言うことではなく、自分の生き様を見せることにあります。

幼稚園ママ
幼稚園ママ
でも私勉強嫌いだしなあ~。
ニコ
ニコ
それは学生時代つまらない勉強をしてきたからではないかな…

勉強というのは本来楽しいものです。

私の知っているお母さんで、K-POPにハマり韓国語を何年か勉強している方がいます。

彼女はすごく韓国語の勉強が楽しいとのことで、仕事の休憩中や家事の合間に勉強している様です。

そんな彼女、2人のお子さんがいますが2人ともよく勉強します。上の子は地元で有名な難関高校に入り、下の子も中学生ですが部活と勉強をよく頑張っていました。

勉強=難しいもの、ではないです。

あなたが面白いと思ったことを調べたり、本を読んだり、充実した人生を送ることが何よりです。

親が努力する姿を見て子供も努力を学ぶことを忘れてはいけません。

子供に英語を話せるようになってほしいのは何故?

最後に、私が出会ってきた中で割と多かったのが、

私が英語嫌いだったから、子供に英語話せるようになってもらって海外旅行に連れて行って欲しいんです*^^*

という方。子供にあなたの夢を押し付けないようにして下さい!笑

親という生き物である前に、あなたは一人の人間です。

文化的な行動ができるのは人間だけの特権なのだから、まずあなたが英語を勉強してフロリダのディズニーでも何でも満喫なさったら?…と思いましたが、言えなかったですよね。笑

あなたが叶えられなかった夢はあなたが叶えましょう。

英会話スクールで勤務する中で、親の「子供に英語を話せるようになってほしい」という願望が、子供のためなのか自分のためなのか、そこで子供の将来が変わるのを見てきました。

子供が楽しそうに英語を学んでくれたらそれを応援しましょう!

そこに自分の叶えられなかった夢を重ねてしまったら、自身を見つめ直してみましょう。