教育動向

【いよいよ2020年から】小学校の英語教育、結局どう変わるの?

小学校の英語教育が変わるというニュースや新聞を度々目にすることが増えてきました。

実は、2020年から小学校は新しい学習指導要領に変わります。

これがかなり大幅な改革なので、小学生以下のお子さんを持つ保護者の方には絶対に知って頂きたい情報です。

それでは、英語の教育がどのように変わるか、学年ごとに見てみましょう。

2020年度 小3・小4 外国語活動開始

小学生ママ
小学生ママ
うちの子小3だけど、もう既に学校で英語の授業やってるみたいよ?
ニコ
ニコ
そういうところもありますよね。2019年現在は移行期間です。

つまり現在は、小3・小4で英語の授業をしているよ、という小学校と、してない小学校があります。

それが2020年になったら、小3・小4の外国語活動が全面実施になります。

外国語活動とは、「話す」「聞く」を中心に英語を学ぶ授業です。

例えば、自己紹介をしたり、天気を言えるようにしたり、色や形をゲームを交えて覚えたり。英語でコミュニケーションをとれるようにする授業です。

日本人の先生と外国人の先生(ALT)が担当する場合が多いですね。

「勉強」になる前のお遊び感覚に近いレッスンです。

人間は年齢が小さいほど条件学習能力が高いです。

条件学習能力とは、子供が習慣から母国語を覚える力です。赤ちゃんのとき、周りの方の日本語をたくさん聞いて日本語を喋れるようになりましたよね。

それと一緒で年齢が低い時期から耳からたくさん英語を聞き、歌やゲームで言葉とイメージを一致させることは効果的だと言われています。

あとこれは私の体感ですが、小さなうちから英語に触れてきた子供は発音が良く、リスニング力が高いですね。

中学から英語を始め、単語にカタカナで読み方を振っていた私とは大違いです(笑)

では次に、高学年の内容の変化を見ていきましょう。

2020年度 小5・小6 外国語活動から教科型へ

今まで小5・小6で外国語活動をしていましたが、来年からは小5・小6で英語が教科になります。

つまり、今まで英語で成績はつきませんでしたが、2020年からは、他の教科と同じように英語の成績がつくようになります。

そして、文法学習が始まるのも小5・小6です。

外国語活動では「話す」「聞く」が中心でしたが、小5・6では「書く」「読む」も追加

になります。

今までは中1から文法学習でしたが、それが小学校高学年に前倒しになるということです。

be動詞、一般動詞、過去形、否定文など…私は中学1年で習ったので、初めて聞いた時は衝撃でした。

小学生ママ
小学生ママ
ちょっと待って、小学生にそんな難しいこと理解できるの?
ニコ
ニコ
小学校高学年では、難しいと感じる子もいるかもしれませんが理解できるレベルです。 

実際に私が勤めていた英会話スクールでは、小学5~6年で中1、中2の文法を習っていました。小学生のうちに英検3級を合格した子もいます。

先ほど条件学習能力を説明しましたが、年齢が大きくなっていくほど上がっていく能力があります。

それが概念学習能力です。概念学習能力とは文法などのルールによって理解する能力のことです。

英語学習教材の不都合な真実より引用

例)I like apples. 私はりんごが好きです。

小学生ママ
小学生ママ
りんごは”Apple”だよね。なんで”s”が付くんだ?
ニコ
ニコ
その疑問を解決するのが概念学習能力です。

今まで外国語活動で学んできた英語に「なんで?」と疑問が出てきます。

概念学習能力が上がってくる年齢は小学校高学年の時期なので、年齢的にも文法学習に向いているのです。

小学校の英語の授業がより充実したものになると期待しましょう。

そしてさらに、授業時間数も大幅に増えますので、見ていきましょう。

2019年現在(移行期間)

小3・4 15コマ/年間(外国語活動)
小5・6 50コマ/年間(外国語活動)

 

2020年~(全面実施)

小3・4 35コマ/年間(外国語活動)
小5・6 70コマ(教科)

 

1年で20コマも増えていますね!それに伴い、覚える単語がとても多くなります。

小学校で覚える英単語は現在0語ですが、2020年度からは600~700語になります。

文法や単語を覚えてテストをしたり、英作文をしたり…今まで中1でやっていたことをやるわけですから、ついていけなくなる子も出て当然です。

小学生ママ
小学生ママ
やっぱり、小さいうちから英語を習っていた方がいいんだよね~。

実際に、小学校で、英語経験者の子と未経験者の子では、ギャップが生まれているようです。

私が勤務していた英会話スクールでも、子供たちに聞いてみると、

「学校の英語は簡単だよ!」

と皆言っていました。「簡単すぎてつまらない」と言う子もいました。

一方、小学校では「英会話をやっている子と比べて自分は英語が出来ないなあ~」と自信を無くして、苦手意識が強まる子もいるようです。

今までは、中学生になり英語でつまずく「中1ギャップ」という言葉がありましたが、それが「小5ギャップ」になるのではないでしょうか。

小5で英語を嫌いになってしまったら、高校3年まで英語の学習が苦痛ですよね。

それに、世界は広いのに日本人とだけしかコミュニケーションを取らないなんて勿体ないです。

ニコ
ニコ
外国人に道を聞かれたとき、助けてあげることはできますか?

世界には様々な肌の色、目の色、髪の色の人がいて、様々な宗教・習慣があります。

皆さんのお子さんが、どんな人達とも差別無く仲良くなれる大人に育ってくれたら、素敵だなあ、と思います。

学習指導要領改定に合わせて、お子さんに早めに英語に触れる機会を作ってあげましょう。

【元英会話スクール講師が比較】おすすめの子供オンライン英会話5選子供に英会話を習わせるべきかどうか、今の時代悩みは尽きませんよね。 ついに2020年から、今まで小学校5年生から始...

・小3・4は2020年から外国語活動がスタート。概念学習能力よりも条件学習能力が高い時期なので、英語を聞いて体験して覚える。

・小5・6は現在は外国語活動をしているが、2020年から英語が教科になる。条件学習能力より概念学習能力が高くなるので、文法学習が始まる。

・小学校で英語経験者と未経験者ではギャップが生じている。

・英語=苦手、嫌い。になる前に、英語に触れる経験を与えてあげよう。