教育動向

【社会的ニーズが急増】なぜ子供たちは英語を学ぶ必要があるのか

子供たちが大人になったら、社会で英語を使うようになる!というのは既知だと思いますが、子供に「大人になったらどんなところで英語が必要になるの?」と聞かれたら、答えてあげることはできますか?

「社会に出たら英語が必要になる」という意味が、近年変化してきているので、具体的に掘り下げてみようと思います。

近年英語に対する社会的ニーズが増えている

これからグローバル化が進み、社会がどのように変化していくか予測がつきにくい時代に入っていきます。

グローバル化といっても、2つのパターンがあって、一つは「日本人が海外に出向く」こと。

日本の企業で海外へ進出している企業は多いですよね!

2つ目は、「外国人が日本へ来ること」です。

日本の企業へ就職する外国人は年々増えています。

日本は少子高齢化で子供がどんどん少なくなっているので、外国人から従業員を雇う会社も増えていくでしょう。

これから日本にいてもいなくても、結局英語を使わざるを得ない環境になっていきます。

なので、どんな人でもグローバルマインドが必要です。

まず外国人と仲良くしようとすることが大事です。

お互い言葉が通じないと焦ったり不安になったり、ネガティブな気持ちになりますよね。

グローバル活動=精神面でも経済面でも利点があります。

良い点(英語ができる!) 悪い点(英語ができない…)
精神面 外向性になる、色々な国の友人たくさん 内向性になる、友人は日本人のみ
経済面 外国人を雇える、日本の企業が国外へ進出→経済が潤う 日本人しか雇えない、国外への進出少ない→経済悪化

近年、英語ができないと仕事に支障があることがほとんどです。

例えば、上司や同僚が外国人である場合とか、英語でコミュニケーションとれなくて仕事に支障があるという方が多いです。

英語で仕事ができるかどうか TOEICだけでは判断できない

ほとんどの企業は、TOEIC何点以上で海外赴任!とか判断していますね。

しかし、仕事について英語でこなすというところをTOEICの点数だけでは測れません。

海外部署とのオンライン会議でも、TOEICの点数は高くても、黙ってしまう人はたくさんいます。

英語で仕事の知識が入っていないので、初めて英語で考えるので当たり前なんです。考えが浮かんでこないはず。

英語を使って仕事をするとなると、自分の仕事について英語で知っておかなければなりません。

日本語では頭に入っている、英語では入っていない、だと使い物にならないんです。

なので、TOEICの点数というよりは、「取引先と英語で交渉できるか」「英語で電話・メールは問題なくできるか」「会議で自分の意見を延べ、意見をまとめることができるか」など、企業はそういうところを評価しないといけませんね。

仕事の知識を英語化、その知識を活用する場が必要です。

例えば、海外赴任する人に対して、「日常英会話」のレッスンをしたところで意味ありますか?

あいさつ、自己紹介、食事の誘いなど、まあできた方がいいんですけど、海外に仕事をしに行くのに「そこじゃない感」半端ないですよね!(笑)

普段している仕事を英語でこなす、外国人に仕事を教えるにも英語で教える。

そこが必要なのに、企業でそこまで導入できているところは少ないです。

なぜかというと、従来の学校の英語教育を受けてきた管理職たちは英語の学び方を知らないからです。

そうならないように、今の子供たちは英語を学ぶというよりも、英語の学び方を学ぶということも必要になります。

英語の学び方を学ぶ 英語教育の改善

それをやろう!というのが、2020年から始まる英語教育改革です。

英語はこうやって学ぶんだ、という刷り込みを、学生時代に学んでおくことは貴重な財産になります。

「文法ができないから」「単語ができないから」じゃなくて、まず話そう!という気持ちが大事です。

もちろん、文法や単語は会話を支えるので大事ですが、そこにこだわりが強すぎて話せない人はいっぱいいます。

英語が通じなかったらどうしたらいいのか、というのも学生時代に経験しておくことで、社会に出ても様々な場面で乗り越えられるようになっていきます。

まとめ

今の子供たちが大人になったら、現代社会よりもはるかに英語が必要なグローバル化された社会になります。

それに伴い、社会の英語に対する考え方が変化していること、それを理解しているとしていないのでは、子供の教育に大きく差が出ます。

子供に英語の必要性をしっかり説明できるようになっておきましょう。