教育動向

【高校の英語の授業が変わって】大学の授業も変化していくのか

高校の英語の授業が英語で行われ、大学入試でも英語民間試験が導入され、、、2022年から大きく時代が変わっていきます。

小・中・高の英語の授業が変わり、大学の授業は変わらずそのまま、でしょうか?

小・中・高の英語の授業のレベルが上がったら、大学で求められることも変わっていくことが予想されます。

高校の英語の授業 「英語で行う」とは

高校の授業は英語で行うことが基本になりますが、ちょっと想像つかないですよね!

先生が50分間ずっと英語で解説するのではないです。(笑)

生徒がたくさん英語を使ってコミュニケーションをする場になります。

生徒が家で準備してきたことをペアワークで話し合ったり、発表したりします。

なので、先生が英語で文法の説明をずっとしているとか、問題演習を英語で指示するとか、そういうことではないです。

今までのの解説型の英語の授業で、先生は生徒の真ん中くらいのレベルに合わせて授業を進めていたとします。

そうすると、レベルが下の子はわからないまま、レベルが上の子は「なんでこんなゆっくりやっているんだろう」となってしまい、問題があります。

解説型の授業ではなく、グループ活動ならレベルが上の子が下の子に教えてあげたり、上の子は下の子の意見を聞いて自分にはない発想に気づいたりすることができます。

大学入試 民間試験だけで合否を判断しない可能性あり

大学入試でも英語は必要ですし、就職する人も仕事をする中で英語を使わなければいけない場面は出てきます。

昔と今では、英語に関する社会的な考え方がかなり変わってきています。

「英語が使えるようになりたい」という社会的ニーズが圧倒的に増えています。

それに学校側も答えなくてはいけない時代になりました。

大学側からはこれから、生徒のどういう力を測りたいのか、どういう学生を採りたいのか、「最低限のレベルがないと、うちの学部の授業についてこれない可能性が高い」ということを、考慮して入試に反映させてくることが予想されます。

大学入試では英検などの英語の民間試験を導入することになりますが、それに合わせて大学側も「二次試験を4技能(読む)(書く)(聞く)(話す)全て測れる試験にする」もしくは「二次試験を学部・学科に関係のある事柄と英語をドッキングさせた内容」にしてくる可能性が高いです。

民間試験では英語の4技能が測れますが、「英語でどういう体験をしているか」「英語で何ができるか」、というところをもう少ししっかり見る必要があるからです。

例えば経営学部に入ってくる学生であれば、経営学について英語で学ぶ知識と、英語を融合させる必要がでてきます。

日本人は授業中黙っている学生が多い

大学で、日本人と留学生の違いって何だと思いますか?

私も国際関係学部出身なので、留学生と授業を受けることは多かったです。

正解は、留学生はどんどん質問をしてくるのに、日本人は黙っている。です。

大体の留学生は、「自分がわからないことを聞けば、みんなの学びに役立つんだ」という発想が、小学校、中学校の段階から備わっています。

しかし、日本人は集団意識が高いというか、出る杭は打たれるような風潮があるので、授業中に積極的に質問する学生は少ないです。みんな黙っています。

ですが、今回新たに始まる英語の授業改革で、日本でも生徒が積極的に発言する海外っぽい授業になっていくでしょう。

私も授業中黙っているタイプの学生でしたが、ずっと黙っている学生になってしまってはいけないと思います。

学生は受け身の姿勢ではなく、学ぶチャンスがあるのだから、それを積極的にモノにしていく姿勢が必要です。

なので、テストができるだけで黙っている学生を育てないために、「自分の意見を話すぞ!書くぞ!」という自分の考えを発信する人を評価するようになります。

まとめ

小学校・中学校・高校の英語の授業が大きく変わり、世間を騒がせていますが、その先の大学に入った後のことを考えてみると、今からやれることが少し見えてきますよね。

英語の授業が変わり「英語でコミュニケーションがとれるようになる」、「積極的に質問・発言できるようになる」「英語で発表・ディスカッションができるようになる」と、子供の視野も広がります。

英語を教科として捕らわれるのではなく、子供の好きな事・やりたい事に必要なツールとして意識して、お子さんの夢をサポートしてあげましょう!