教育動向

【センター試験廃止】高校の英語授業・大学受験はどう変わる?

「大学受験が変わる」というニュースは最近耳にしたことがある方が多いのではないでしょうか。

大学受験をしたことがある方も無い方も、お子さんの大学受験がどう変わるかは知っておきたいですよね。

高校の授業がどう変わるか、そして大学受験の英語がどう変わるか、合わせてご紹介します。

ではまず高校の授業がどう変わるか見ていきましょう。

2022年度高校 英語で「発表・討論・交渉」

中学に引き続き、高校の英語の授業も英語で行います。

【英語の授業は英語で】中学校の英語教育はどう変わる? 本当です。小学校の英語教育と同様、中学・高校の英語教育も大きく変わろうとしています。 https://kids-eikai...

授業を英語で行うとともに、言語活動を高度化し、発表・討論・交渉等を行うようになります。

文科省によると、高校の目標は、英語を通じて情報や考え方などを的確に理解したり、適切に伝えたりするコミュニケーション能力を養うことです。

中学生パパ
中学生パパ
具体的にどういうこと?

こちらが新たな英語教育の目標です↓

ある程度の長さの新聞記事を速読して必要な情報を取り出したり、社会的な問題や時事問題について課題研究したことを発表したりすることができる。

CEFR B1~B2程度(英検2級~準1級、TOEFL iBT 57点程度以上等)

グローバル化に適応した英語教育改革実施計画より引用

【30秒でわかる】CEFRってなに?CEFR(セファール)とは、ヨーロッパを中心に使われている外国語学習者の言語能力を測る「ものさし」です。 レベルは下から、A1、A...

↓が現在の高校の目標です。

評論文などを読んで概要をつかんだり、主題を決めて様々な種類の文章を書いたりすることができる。

CEFR A2~B1程度(英検準2級~2級程度等)

グローバル化に適応した英語教育改革実施計画より引用

つまり、幅広い話題で内容を理解でき、英語話者とある程度スムーズにやりとりができるようになる、というところが目標になります。

より「英語を用いて何ができるようになるか」という観点が具体化するようですね。

さらに、高校で習う単語量は現行の1800語から2500語に増え、英検等の検定試験も学校で積極的に受ける姿勢が高まっています。

英語担当教師のCEFR B2レベル(英検準1級)以上のスコア取得割合も年々上昇中です。

文科省の調査によると、H25では52.7%でしたが、H30では68.2%です。

ニコ
ニコ
最近は学校でも英会話スクールでも、英検への熱が高まってきているように感じます。
中学生パパ
中学生パパ
どうして?

簡単に言うと、大学受験で英語の試験が無くなり、代わりに英検等の検定試験の結果を使うようになるからです。

中学生パパ
中学生パパ
えぇー!!!

2024年度入試 4技能型外部検定試験に移行

中学生パパ
中学生パパ
センター試験はどうなるの!?
ニコ
ニコ
2020年1月のセンター試験が最後でした。これからは、あの青春を犠牲にしたセンター試験勉強が無くなるのです。

この記事を読んでくれている大学受験経験がある方は、大半センター試験を受けていると思います。

センター試験がわからないという方のために簡単に説明をすると、問題を解きマークシートで選ぶ試験です。

英語のセンター試験は、リスニングや読解問題を解き、A B C Dの4択から答えを選んで塗りつぶします。

なので、わからない問題は鉛筆転がしでテキトーに塗りつぶしてしまうこともできちゃいました。(小声)

しかし、リスニングやリーディングをマークシートの答えから選んで高得点を取っても、日本人で英語を話せる人は少ないですよね。

当たり前ですが、リスニングとリーディングの試験では「聞く」と「読む」能力しか育たないからです。

そこに「話す」「書く」能力がプラスされなければ英語が使えるようにはならないので、文科省は方針を変え「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能を測れる検定試験を導入することに決めたのです。

中学生パパ
中学生パパ
英語の検定試験って何が使えるの?
ニコ
ニコ
大学によって使用できる検定試験は違います。

大学入試で使える検定試験

主に使えるのは、英検、TEAP、GTEC、TOEIC、TOEFL等です。

英検…国内最大の英語検定。中・高生の受験が多い。

TEAP…英検協会と上智大学が共同開発した大学入試向けの検定。

GTEC…ベネッセが開発した4技能検定。

TOEIC…世界中で受けられている試験。内容が社会人向き。(会議、商品開発等)

TOEFL…世界中で受けられている試験。海外の大学に行く人向け。

この中で1番おススメなのはやはり英検、次にTEAPです。

英検は中・高生にわかりやすい内容ですし、実際に多くの高校生が英検を大学入試に利用しています。

2015年から級の合格・不合格だけではなく、どのパートがどれくらいできているか点数化するCSEスコアが導入され、より明確に実力が見えるようになったことが大学側にとってもわかりやすい指標になったようです。

ほとんどの大学が英検の検定結果を利用するようになるでしょう。

現に、2019年度から英検の検定料が値上げしています。級によりますが、大体1000円近く上がっています。参照↓

2019年度より、実用英語技能検定(英検)従来型検定料改定のお知らせ.pdf

中学生パパ
中学生パパ
うちの子中2だけど、英検5級しか持っていないよ…大丈夫か。
ニコ
ニコ
まだ大丈夫です。2019年時点中2ということは、まだ受験が完全に4技能検定結果に移行する前です。

では次に、お子さんの年齢別で受験がどのようになるか見てみましょう。

2020年度~2023年度 大学入学共通テスト+4技能検定試験提出

2024年度から大学受験で英語の科目は4技能検定試験の結果のみを使用するようになる予定です。

しかしその前の2020年~2023年度は移行期間で、大学入学共通テストというセンター試験に代わる試験と検定試験の両方を使用します。

【速報】2020年度~2023年度、英語民間試験の導入が延期に!詳細はこちら↓

【2019年時点の高2はピンチ】英語民間試験導入が延期になったデメリット2019年11月1日、この日は大学入学共通テストの共通IDの申し込み日でした。 しかし、この日に英語民間試験導入の延期がニュースに...
2019年度(2020年1月) センター試験最後
2020年度~2023年度 大学入学共通テスト+4技能検定試験
2024年度~ 4技能検定試験

大学入学共通テストの英語は幸い、筆記なしです。

センター試験と同じくマークシート式で、リスニングとリーディングです。

4技能のうち「読む」「聞く」を評価するテストなので、発音、アクセント、語句整序は出題されないとのこと。

その代わり「話す」「書く」は検定試験の結果を見るので、英検やTEAP等の結果が必要です。

*高校3年生の4月~12月に受験するテストの結果を提出します。(2回まで受けれます)

国公立大学を受験する場合は大学入学共通テストと検定試験の提出が義務付けられます。

私立は別の基準で実施されると思いますが、4技能で実施されることには同じです。

中学生パパ
中学生パパ
つまりうちの子は今年中2だから、大学入学共通テストと検定試験を利用する最後の年か。
小学生ママ
小学生ママ
うちの子は4技能の検定試験結果だけね。
幼稚園ママ
幼稚園ママ
うちもか。

2019年現在で中2以上の学年のお子さんは、大学入学共通テスト+検定試験。

2019年現在で中1以下の学年のお子さんは、4技能検定試験の結果提出。

です。

中学生パパ
中学生パパ
国公立入試で英検何級必要になるの?
ニコ
ニコ
これは大学によるのですが、大体、英検2~準1級です。

行きたい大学・学部の出願条件が英検準1級と出ているなら、高校3年で準1級を取れるようにしておくのがベストです。

小学生ママ
小学生ママ
高3までに準1級を取っておいて、高3のときに英検受験しないっていうのはアリ?
ニコ
ニコ
それは無しです。

あくまで高3で受けた検定試験結果を提出です。なので、高3までに準1級を取っておいたら、高3のときにもう1回受けて受かればいいのです。

小さい頃から英検の取得級を積み上げておけば、高校で他の教科の受験勉強に専念できます。それが新しい受験戦争の勝利の方法だと言えます。

小学生ママ
小学生ママ
ははーん、それで最近ママ友たちが英検の話していたのか。

最近は小学生の英検Jr.の受験が多いです。英検Jr.とは、合否がない英語のリスニングのテストです。

点数で結果が出ますので、合格・不合格が無いだけ子供がショックを受けずに自分の実力を知ることができます。どんな点数を取ってもちゃんと賞状が貰えます。

英検Jr.を受けてから英検5級、4級…と受けていくのが一番望ましいですね。英検Jr.は家のPCから簡単に受験できます。

英検Jr.と英検の違い、対策方法の記事も是非読んでみて下さい。

【対策方法も解説】英検Jr.と英検って何が違うの?受験で英語の検定試験結果を使用するようになるので、英検を小さい頃から取っておこうという風潮が高まっています。 https://ki...

大学入試の英語対策はオンライン英会話でできるので、中高生はこちらも見てみて下さい。レアジョブがおすすめですよ。

【元英会話スクール講師が比較】おすすめの子供オンライン英会話5選子供に英会話を習わせるべきかどうか、今の時代悩みは尽きませんよね。 ついに2020年から、今まで小学校5年生から始...

・2022年度から高校の英語の授業は英語で発表・討論・交渉を行うようになる。

・2019年度(2020年1月)大学入試センター試験最終。

・2020年度~2023年度 大学入学共通テストと英検等の検定試験結果を提出。

・2024年度~英検等の検定試験結果のみを使用。(大学入学共通テストなし)

・使用できる検定試験は大学によって異なる。主なのは英検やTEAP。

・小学生から英検のキッズバージョン、英検Jr.を受ける家庭が増えている。対策は早めにしよう。