教育動向

【新学習指導要領に向けて】中高生の英語力ってどれくらい?

2020年度から、英語教育が新学習指導要領に変わります。

今の中高生は英語が好きなのでしょうか?そして、どれくらいの英語力があるのでしょうか?

文科省の調査を元に、まとめました。

高校3年生の調査

高校3年生を対象とした平成26年度「英語教育改善のための英語力調査」の結果によると、「聞く」「話す」「読む」「書く」4技能全てにおいて課題があるとのことです。

特に、「書く」「話す」についての課題が大きいとあります。

確かに、「聞く」「読む」は昔から英語の授業でやってきたことですし、センター試験も「聞く」「読む」だけでした。しかし、それすらも問題があるとのことです。

文科省が目標としているレベルには全然達していないということですね。

生徒の英語学習に対する意識

英語が好きではないとの回答が半数を上回りました。

特にA1レベル(英検3~5級)において顕著です。テストスコアが高いほど、英語が好きと回答する生徒の割合が高いという結果になりました。

中学生パパ
中学生パパ
半分も英語が嫌いなのか。
ニコ
ニコ
多いですね~

現在の英語力と将来の英語使用のイメージ

現在の英語力のレベルによって将来の英語使用のイメージが異なります。

「英語をどの程度身に着けたいと思っていますか」という問いに対し、テストスコアが高いほど、「英語を使って国際社会で活躍できるようになりたい」「大学で自分が専攻する学問を学べるようになりたい」といった将来の英語使用のイメージが明確な生徒の割合が高いのです。

4技能の課題

高校3年生のアンケートによると、「読む」「聞く」のテストスコアが高いほど、授業で概要や要点をとらえる活動をしていた割合が高いです。

しかし、「話す」能力についてはまだまだです。

聞いたり読んだりしたことについて、英語で話し合ったり、意見交換をした経験が少ないという結果が出ました。また、スピーチやプレゼンテーションについても、まだ経験が少ないです。

反対に「話す」能力のスコアが高いほど、授業で生徒同士で英語で話し合ったり、意見の交換をしたりしていた割合が高いです。また、英語でスピーチやプレゼンテーションをしていた割合も高いとのこと。

「書く」能力については、全体で、聞いたり読んだりすることについて、その内容を英語で書いてまとめたり、自分の考えを英語で書いたりした経験が少ないとの結果です。

反対に「書く」スコアが高いほど、聞いたり読んだりしたことについて、その内容を英語で書いてまとめたり自分の考えを英語で書いたりしていた生徒の割合が高いです。

改善方法として、生徒の興味・関心が高い話題や、時事問題や社会的な話題などを「発表・討論・交渉」などの言語活動を体験させるのことです。情報や考えなどを理解して伝えるコミュニケーション能力を身に付ける必要があります。

さらに、「聞いて書く」など、「聞く」と「書く」を合わせて使う活動を通して、生徒が実社会や実生活の中で、自分で課題を発見し、主体的・協同的に探究し、考えや気持ちを互いに伝え合うことの目的とした学習を行うとのことです。

発表・討論・交渉の重要さ

ニコ
ニコ
英語で発表・討論・交渉、どんな場面で使いますか?
中学生パパ
中学生パパ
えーと…会社でプレゼンテーション、ディスカッション、 あと営業とか?
ニコ
ニコ
そうですね!

社会に出たら英語で発表・討論・交渉なんてザラです。

しかし、日本人はどちらかというと、発表・討論・交渉が苦手です。発表、交渉はまだいいのですが、討論は苦手な人が多いと思います。

なぜかと言うと、ゆずりあいの精神が強いからです。

相手の意見をきちんと聞いてから、自分の意見を言う文化なので、相手が話している最中に話し出す人なんてそうそういないです。

しかし、海外でディスカッションをするとみんな相手が話している最中に話しますし、相手の意見を潰すようなことも平気でします。

私は留学中それを経験しました。

ベネズエラ人男子
ベネズエラ人男子
Hey!ニコ!なんで何も言わないんだい!?
ニコ
ニコ
君たちがマシンガントークすぎて入る隙が無いんだよ!

なにこれ…ケンカ???というくらいの勢いです。

イラン、ベネズエラ、中国、ノルウェー、スイス、フランス、メキシコetc…色んな国籍の人達が集まる語学学校でしたが、その中でも日本人が一番大人しいな、と思いました。

この時、英語力だけでなく英語で討論が出来ることの重要さに気づきました。

私は大学に入ってから英語で発表・討論・交渉を学びましたが、高校のうちから出来るようになっておいた方がいいです。

私の高校時代の英語の授業ではそれが無理でしたが、新たな英語教育によって、英語で意見を交換したり、スピーチやプレゼンテーションができるようになるでしょう。

中高生の英語力

CEFR A1レベル(英検3級)以上の中学生、CEFR A2レベル(英検準2級)の高校生の割合は増加傾向にあります。

しかし、都道府県・指定都市による差が大きく、全体としては目標の50%以上には達していないとのこと。

中学生(CEFR A1レベル以上)

H30 42,6%
H29 40,7%
H28 36,1%
H27 36,6%
H26 34,6%

高校生(CEFR A2レベル以上)

H30 40,2%
H29 39,3%
H28 36,4%
H27 34,3%
H26 31,9%

 

新学習指導要領への取り組みが進んでいる地域ほど生徒の英語力が高いです。このため、各都道府県等における差を埋めていくことが課題です。

まとめ

都道府県によって英語の授業のクオリティーの差があるのか気になりますね。新学習指導要領を全ての学校が取り入れ、4技能を改善していくにはまだまだかかりそうなので、各自で対策するのが最良です。

・高3生対象の調査では4技能全てに課題がある。「話す」「書く」が特に問題。

・高3の半数は英語が嫌い。テストスコアが低いほどその傾向がある。

・「発表・討論・交渉」を通して4技能を改善していく。

・「発表・討論・交渉」は社会に出たり、留学の時に必要なスキル。

・中高生の英語力は上昇傾向にあるが、地域によってバラつきがあり、文科省の目標には達していない。