英語学習ツール

【英語で遊ぶ】保育園・幼稚園児の英語教育のねらい

最近は、「赤ちゃん・幼稚園児の年齢から英語を学んでほしい!」というご両親が増えています。

”英語を学ぶなら年齢が小さい程吸収力が高い”という話は、もう耳にタコができるくらい聞きましたよね。

この時期に、何をやったら効果的に伸びるのか、また幼稚園レベルでどこまで到達していれば十分なのか、英会話スクールでの経験を元に綴ります。

幼少期の最大のねらいは「英語=楽しい遊び」

この時期は特に英語を色々と教え込む必要は無いです。断じてありません。

何が一番大事かと言うと、英語=楽しいと認識してもらうこと。

これがあるのと無いのでは、将来の差が大きいです。

年齢が小さい頃から英語をやっておけば、周りの子より前倒しで学習できるから有利、なのではなく、英語が楽しい遊びだと認識することで英語の苦手意識がなくなることが有利なのです。

未就園児 保育園・幼稚園児の英語教育 効果的な方法

0歳~2歳

最初に言っておきます。0歳~2歳までは英語を本格的に学習する必要はないです。

これから海外に移住するなら別ですが、日本人として日本でしばらく生活するなら、まず日本語を話せた方がいいからです。

赤ちゃんは周りの環境から言語を吸収します。この時に、日本語も英語も吸収してしまうと、思考する言語が定まりません。コミュニケーションが困難になることがあります。

例)頭が痛い時

「頭が痛い」なのか「I have a headache」なのか、どちらかわからず言うことが出来ずに泣く。

ちょっと極端な例ですが、こういうことはあります。赤ちゃんはまだ自分の感情も伝えられずお母さんも大変な時期なので、英語学習はおススメしません。

元気よく健康に育ってくれること以外に、この年齢に望むことは何も無いですね。

ちなみに、赤ちゃんの時からDWEなど英語教材をやっていて良かった!という人に私は一人も会ったことがありません。安心して子育てを頑張ってください。

それでも暇つぶしに、英語で遊ばせようかな、という方はこちら↓

【元英会話講師が伝授】0~1歳児へ英語のシャワーを聞かせよう子供に英語を話せるようになってほしいけど、0~1歳の子供にできることって何かないかな? という方へ。 初めに言っておきますが...
【元英会話講師が教える】無料でできる2歳児の英語学習2歳の子供にちょっとお家でできる英語って無いかな?とお探しの保護者様。 2歳ってまだ日本語もちゃんと話せないですし、本格的に英語を...

年少~年長

年少~年長の年齢では少しずつ英語学習を始めていいでしょう。

  • 英語の歌を一緒に歌う。
  • オンラインレッスンで外国人講師と話す。
  • アルファベット大文字の塗り絵など。

この3つが主な学習方法です。

英語の歌を歌って手を動かしたり、体を動かしてボディーパーツの英単語を覚えるなどは効果的です。

子供の時に歌った歌って、大人になっても記憶に残りませんか?

私は、幼稚園の時に外国人の先生が週に1回幼稚園に来てくれていたのですが、その時に歌った歌、手の動かし方など、いまだに覚えています。

あの時、とても楽しかったからまだ記憶に残っているのだと思います。

オンラインレッスンでも先生が英語の歌を一緒に歌ってくれます。歌によって単語を覚えることができますし、外国人とコミュニケーションすることを覚えるので、おススメですよ。

【元英会話スクール講師が比較】おすすめの子供オンライン英会話5選子供に英会話を習わせるべきかどうか、今の時代悩みは尽きませんよね。 ついに2020年から、今まで小学校5年生から始...

あとは、アルファベットの大文字ができたら素晴らしいです。とは言っても、まだ平仮名カタカナも書けない年齢なので、あまり無理はしないようにしましょう。

ニコ
ニコ
まず日本語が先ですよー!

年長までの到達レベル どこまで英語ができたらいいか

あくまで英語=楽しいと思ってくれることが目標なのですが、中には教務的な内容でどのレベルまで達成したらいいか気になる方もいるでしょう。

人間は3歳から自我が芽生え始めますので、年長さんまでに自分の事を短い文章で言えるようになったら素晴らしいです。

I am hungry.(私はお腹が空きました。)

I eat a popsicle. (私はアイスを食べます。)

I eat a popsicle at the beach. (私はアイスをビーチで食べます。)

主語+述語+目的語だけで十分ですが、そこに時や場所などを付けることができたら、物凄く良いです。年長までにできる内容としては完璧です。

これを言うことが出来たらスゴイですね。書いたり読んだりするのはまだ難しいのでやらなくていいです。

あくまで、自分(I)の事だけで、あなた(You)や彼、彼女(She, He)についてはまだいいです。

あまり詰め込みすぎて英語が嫌いにならないように注意です。

まとめ

幼少期に必要なのは英語の楽しさです。「外国人の先生と話すには英語が必要なんだ」「外国人の先生と話せるの楽しいな」と思ってくれたら最高です。

この時期に英単語を詰め込んだり、文章を「書く」「読む」能力まで求める方もいますが、この時期に高めるのは「話す」「聞く」だけですよ。

結果を求めるよりは、英語を楽しんでくれたらOKです。

歌やオンラインレッスン、塗り絵、お絵かきで楽しい記憶だけを残してあげましょう。